2007年11月14日

離婚のススメ

電子化戸籍:消える死亡者名残してに「実現困難」法務省↓
http://mainichi.jp/photo/news/20071113k0000m040133000c.html

この報道のあり方が少々先導気味な為に感情論で喚き散らしてるバカが多いが、これ電子化される以前からもへっちゃらで実行されて来た事です。

まず、戸籍が作成されるのは、婚姻、出生等ですが、今回は、そのうちの1つである婚姻を取り上げましょう。

ここに柊ぐろりんと言う名の女がおりまして、こいつがピアチェンチャ市でインザーギ・フィリッポ君と結婚し、結婚後はインザーギ姓を名乗る事を選んだとします。←ピアチェンチァと言う都市名はない。インザーギなどと言う日本人は存在しない・・・などと言う突っ込みは入れないように・・・

その場合、
戸籍筆頭人:インザーギ・フィリッポ
戸籍に記載される者
名:インザーギ・フィリッポ(父:インザーギ・ジャンカルロ、母:インザーギ・マリーナ)
名:ぐろりん(父:柊先輩、母:クロミ)

こう言う形の戸籍が作成されます。

その後、ぐろりんはインザーギ君と離婚したとします。するとインザーギ君の戸籍は以下の通り↓
戸籍筆頭人:インザーギ・フィリッポ
戸籍に記載される者
名:インザーギ・フィリッポ(父:インザーギ・ジャンカルロ、母:インザーギ・マリーナ)
名:柊ぐろりん(父:柊先輩、母:クロミ)


一方、ぐろりんちゃんの場合は、離婚後、元入ってた戸籍に戻る方法もありますが、それを敢えてしなかった場合、わざわざインザーギ・フィリッポなどと記入するのが面倒なので、
戸籍筆頭人:柊ぐろりん
戸籍に記載される者
名:柊ぐろりん(父:柊先輩、母:クロミ)

となって、インザーギ君を完全に抹消する事に成功します。

じゃインザーギ君はぐろりんちゃんの存在消せないのか?本籍をピアチェンチァから移動させれば良い訳です。そうすりゃ新しく戸籍を作成される事となり、その際、打消し線で処理がなされたぐろちゃんの名まで面倒なので記入しませんから。と言う事で、バツイチの痛手は男の方が大きい?

但し、これ新戸籍が作成された時点で、○年○月○日改正と末尾に入り、これを辿って行けば元の戸籍に辿りつけます。
続きを読む
posted by ぐろりん at 17:40| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | VELENOSO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。