2007年05月10日

血は争えない?!

ホトケの・・・じゃなかった仏(笑)の大統領はサルコジ氏に決定致しましたが、新聞によるとサルコジちゃんの女房はスペイン音楽に傾倒してる奴なら誰もが知る作曲家、イサーク・アルベニスの曾孫なのだそうな。

元々はそれぞれに家庭を持つ身で、俗に言う家族ぐるみのお付き合いがあったそうだが、そのうち、この2人が恋に落ちW不倫の末、双方、離婚が成立して再婚。

し・か・し

サルコジちゃんと結婚後も、女房の方はニューヨークまで新しい男追いかけて駆け落ち騒動起こしたり(笑)、選挙当日も朝から行方知れずとなり帰宅したのは夜間などなど何かと噂の絶えないレディであるらしい。

因みに、そんな彼女の曾祖父も結構、自由奔放な性格してたらしく、子供時代は家出の常習犯であったらしい(笑)早くから音楽の才能を発揮していた彼に目をつけたイサークパパは彼にわざと派手な格好をさせては人前でピアノ弾かせて金儲けに走ってたらしい。そんなこんなでイサーク君もプッチン切れてしまった様で、やって来た列車に飛び乗り家出。資金が無くなると演奏会開いて資金集めすると言う悪知恵も働き、あちこち放浪の旅を繰り返していたらしい。ある時は船に乗り南米を放浪しちまったらしいから、相当スケールのでかい家出の常習犯だったと言える。

但し、イサーク君の方は14歳を機に完全に心入れ替え、以降は真面目に音楽の勉強に取り組んでおりますが、そんな彼の曾孫はどうなのでしょうかね?

ニュースによれば↓
http://www.asahi.com/international/update/0508/TKY200705080197.html?ref=rss

ファーストレディは真っ平ゴメン!

と言ってるそうですから。

ただ

ヌーベル・オプセルバトゥール誌は、大統領の夫と離れて自立する可能性を指摘した。


これはどうでしょうかね?

と言うのもサルコジちゃんは、人に対して

人気取りの為に私生活使うだなんて汚い!

などと言いながら、自分自身は内相に就任した際は、わざわざセシリアちゃんの為に席を儲けて一緒に政治活動をしている。その癖、そのセシリアちゃんが駆け落ち騒動起こした時は、マスコミの取材に対して

プライベートな事だから答えられない

とやり返したそうですから(笑)↓
http://www.pot.co.jp/oikenparis/archives/2005/10/26/sarkozy

結局、何だかんだ言って、サルコジちゃんは女房と仲良く政治活動を売り物にしている人なので、セシリアちゃんの自立を何としてでも食い止めたいのが本音でしょう。

ただ1つ言える事は、女房1人も上手く操れないで振り回されてる様な男が国民を御す事が出来るのか?と言う事。まっ生暖かく見守ってやるとするか(笑)


posted by ぐろりん at 19:01| 大阪 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ECCETERA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「セシリア」と言う名前から、
親が音楽に何か関係あるのかな?って
漠然と思っていたんですが、音楽家の曾おじいさんがいたんですね〜。
素行を知ると名前が泣くかも・・・(ーー;)
Posted by さらら at 2007年05月10日 23:34
フランスは移民の子が大統領になってけれど
日本の政界では考えられない事でしょうねぇ。
中国人や青い目の人が総理になったらなんて
感覚的に思えないのは日本人がそれほど純な
国民性かもしれません。外国人に参政権など
言っている政党もあるけど、どうかと思う。

ファーストレディーになる奥さんも怪しげな
噂が流れているとはフランスも地に堕ちた。
せめて日本は純潔でいたいものです。
Posted by 播磨屋 at 2007年05月11日 16:44
サルコジ君は、日本嫌いの中国マンセーな人らしいので、日仏関係は、ごたごた必至のようですね。
Posted by wakuwaku at 2007年05月11日 17:28
※さららさん
でも、セシリアちゃんも大概ですが、猿誇示(笑)も大概ですからねぇ・・・ロワイヤルちゃんにも、わざとけんか吹っ掛けてなだめる・・・みたいな手口使ってましたし。あ〜言う男って、一歩距離を置いて付き合う分には魅力を感じるが、実際に深い関係になると一番食えない系である事が多いからねぇ・・・ゆえにセシリアちゃんも疲れちまったのかも?
Posted by ぐろりん at 2007年05月13日 21:08
※播磨屋様
外国人に参政権を!で一番頑張ってるのはミンスーですにゃ。ここが政権握ったら素晴らしい社会が待ってると思いますよ。

まず代理出産が容認され、心配しないでも「第三者が無償で・・・」こんな条件で誰も代理母やってくれませんから産める女性は親戚や知人から「私の子供産め!」と脅迫される。

続いて沖縄は一国二国制度導入され、結果、特定アジアの植民地化決定!

個人的に外国人に参政権を認めるのなら認めても良いと思ってますよ。だってねぇ・・・在日の人なんか日本以外知らないんだし、今更、帰る国にも無いだろうし・・・但し、その前にきちんと税金納めようね。税金も納めず参政権クレクレ!は厚かましいですわね。

し・か・し

それで認めるのは地方自治参政権のみ。即ち市会議員センキョーのみ。国会議員の参政権は欲しけりゃとっと帰化しろ!ボケッ!



Posted by ぐろりん at 2007年05月13日 21:16
※わくわくさん
個人的にラテン系男はよだれが出そうなほどタイプだったりする(笑)が、サルコジちゃんだけはなぁ・・・「猿誇示」って顔だからか好かんなぁ・・・あれだったらビン・ラディンの方がエエ顔してたと思うよ。

基本的にホトケの大統領(笑)は反日の人多いので気にしてませんけどね。だってワテクシも、おフランスでぇ嫌いですし・・・

但し

特定アジアマンセー!!の反日だけは許せん。日仏関係もゴタゴタなら、日中関係も「猿」がイラン事「誇示」して余計、最悪になったりして・・・・
Posted by ぐろりん at 2007年05月13日 21:21
女房とか、大きいレディとかを帰宅したかった。


Posted by BlogPetのぐろちゃん at 2007年05月14日 11:11

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。