2007年09月07日

子沢山の味方です(笑)

「弁護士会はバカ」 橋下弁護士会見でケンカ売る
http://news.livedoor.com/article/detail/3295185/

たかじんの番組で、懲戒請求と言う名の制度を紹介し、
光市母子殺人事件の弁護団が気に食わない人たちは是非、懲戒請求を掛けて欲しいexclamation×2

と訴えたところ懲戒請求が3900件も届いたとかで、この懲戒請求が届いた場合に、1通1通に対して調書を書かなくてはならないらしく、それゆえに仕事にならないどんっ(衝撃)と子沢山弁護士を提訴した模様である。

だけど、これどう見ても逆切れ喧嘩にしか見えないのは私だけか?

確かに、わざわざメディアを通じて国民に呼び掛けるわ、挙句は発起人である子沢山弁護士自身は懲戒請求を掛けていないわ・・・で、この辺りに関して嫌らしさは感じるが、しかし、懲戒請求掛けられた弁護団の嫌らしさは、遥かそれを上回る。

大体、光市の母子殺人事件なんぞ私にはなんら関係ないし、被害者の本村氏とも接点は無く、ゆえにはっきり言って他人事である。その所詮は他人事の私でさえ、あの弁護団のおちゃらけた弁護理由には

キサマらぁ人をおちょくっとんかいどんっ(衝撃)パンチ


と言う怒りしか覚えない。



それにしても面白いのは朝日の記事である。さすがは
朝鮮日々新聞様である。

しかし、弁護団への「反応」は懲戒請求にとどまらない。訴訟の原告の1人で、2年前に広島で起きた小1女児殺害事件でペルー人被告の弁護人も手がけた今枝仁弁護士の事務所には、嫌がらせや脅迫めいた匿名の電話も数十件かかってきている。


こっちに言わせれば
命を狙われないだけ感謝しろどんっ(衝撃)

である。

広島の小1女児事件は確か無期懲役ではありませんでしたか?
あんたの
加害者に優しい判決

に、それだけ国民が憤ってるって事でしょうがexclamation&question

光市のケースにしてもそうだ。何の非もない母子を殺しておきながら、幼い頃に母親を亡くしたなどの情緒面での不安等を理由に傷害致死罪が妥当ひらめきなどと訳の分からん事抜かしまくるからこそであろうに。

挙句、この今枝クソ弁護士の言い分が面白い

世間の偏見や誤解を助長している。弁護士がそのような活動をするのは問題で、刑事弁護する弁護人が風潮や世間の目を気にして萎縮することにつながる


世間の偏見や誤解を招く様な弁護活動なさるおつもりならば、もう少し世間の目を気にして萎縮して下さった方が余程社会の為ですが。何か?

もうねぇ、この弁護団に関しては、人間としての常軌をはるかに逸しておられますので、死ねexclamation×2などとは決して申しませんから、冥王星辺りで弁護活動なさったら如何ですか?
posted by ぐろりん at 12:05| 大阪 ☀| Comment(12) | TrackBack(1) | VELENOSO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
都合のいいときだけマスメディアを利用しているにすぎないですね。
どちらもどっち。

私の業界でもそうですが、裏方に徹しないことができないのであれば、見直すべきでしょうに。

士業は所詮裏方ですから
Posted by テツ at 2007年09月07日 12:44
弁護士というのはよくわからない存在ですよね。
被告人を弁護する際に「正義感」とかは全く別次元の問題になるらしいです。
正義よりも少しでも刑を軽くすることが大事なのだそうな。
橋下弁護士自身も、もしこの被告の弁護を請け負っていたら1・2審だったら似たような弁護をしたかもってご自身のブログで語ってましたよ。
今回の件は1・2審ではそういった話が全く無かったのに差し戻し審になって弁護士が変わってから出てきたのがおかしいと。

今回のこの告訴、橋下弁護士が扇動したということになってますが、私もあの番組を見てましたけど、「あの弁護士に対して自分達にできる抗議は無いのか?」という質問に対して「こういう方法がある」って示したからあの弁護に怒っていた視聴者が教えられたとおりに懲戒請求を出したわけで、ちっとは国民の怒りも理解せ〜よ!と言いたいです。
Posted by どっぐべあ at 2007年09月07日 14:28
日本の裁判は一人殺したら、なんぼかの懲役刑、
大勢殺したら死刑と相場があるらしいですね。
でも亡くなる方は一人で苦しみ命を奪われる。
人を殺めたら命で償うのは当たり前の話しで
殺人事件には弁護士なんて要らないと思います。

情状酌量とは何でしょうか?加害者の精神鑑定?
人を馬鹿にするのもいい加減にしてもらいたい。
人を殺す時の精神なんて誰でも同じはずなのに
育ちがどうのこうの、困難を経験した人なんて
掃き捨てるほどいますが人を殺めたりはしません。

殺人は問答無用なのです。人を殺したら殺される。
当たり前の事が当たり前で無くなっているほうが
とても怖いです。社会風潮はこの上に立っている。
Posted by 播磨屋 at 2007年09月07日 15:27
わしは、
「目には目を」派です!

ほな!
Posted by にせ坊主 at 2007年09月07日 23:46
弁護士さんも色々いますからねえ。
夫婦別姓で名をはせた某Fも、極左集団の弁護の方が熱心だったなんて話も2chで出てましたし。
Posted by wakuwaku at 2007年09月08日 00:38
私は、橋本弁護士に味方します^^
あの弁護団には本当に他人事ながら、ぶちきれてますから!!
ドラえもん発言には、怒りを越えて呆れてしまいました。
「あんたの嫁と子供だったら」「あんたの娘と孫だったら」と想像すら出来ないのかな??
私がもし、あの殺人鬼の母ならば、自分の手で殺すし、私が被害者の身内なら江戸時代のように、市中引き回しで打ち首が妥当かな?
弁護士より検事の方が本当の意味で「正義の味方」って何かのドラマで見たけど、この馬鹿弁護団をみると、本当にそうだな〜〜〜と。。。
何の罪も無い本村さんの奥さん、そして何よりママ
にすがった赤ちゃんを殺した事実、絶対に死刑意外ありえません!!!!!!
死刑廃止が必ずしもいいことではないです。
大昔の「ハムラビ法典」のように、殺したんだから死んでください。
それをおかしな理由で、阻止するのはやめて下さい!って思います。
Posted by ハニー at 2007年09月08日 08:34
※テツさん
確かに子沢山弁護士も必要以上に露出し過ぎが目立ち、そう言う点においてはどっちもどっちですが、ただ、あのキチガイ弁護団の異常さに比べれば子沢山の方を応援したくなるのが心情と言うものでして。。。
Posted by ぐろりん at 2007年09月10日 13:01
※どっぐべあさん
今時の弁護士は特にそれが目立ちますね。
挙句は有罪を無罪にするのが仕事!みたいになってしまってる。

まぁ何とかして情状酌量の余地を求めようと必死になるのが弁護士ではありますが、ただ、あの弁護団に至っては本気で被告を弁護してるのかどうかは極めて疑わしく、ただの「死刑廃止を求めるパフォーマンス」に徹してる様にも見えないでもありません。

電気コードでちょうちょ結びを・・・
ドラえもんが・・・・
何とか生き返って欲しいと願って死体とも交わり・・・
被害者側から見れば完全な侮辱ですぜ。こりゃ。
Posted by ぐろりん at 2007年09月10日 13:07
※播磨屋様
日本では1人殺したくらいではまず死刑にはならないようですね。でも、何の落ち度も無い状況で自分の家族が1人殺害されれば、その人の開けた穴は何処までも大きくなる可能性はありますよね。

最近では強盗に入られ亡くなった男性の妹が白血病で入院中で、移植を受ける1週間前に突如、兄を失い、予定していた新医療を受け損なって亡くなったそうです。唯一残った真ん中の弟が「犯人に兄妹2人殺されたようなもんだ!」と憤ってましたけど、残念ながら死刑廃止論者のリーダー的存在の菊田とか言うアフォ弁護士に言わせりゃ

「加害者は一生苦しまねばならない。それに引き換え被害者の苦しみなんぞ交通事故にでも遭った様な一瞬の事に過ぎない」

ですからね。

誰か、この菊田の家族を殺してあげるのが正解ではないか?と。
Posted by ぐろりん at 2007年09月10日 13:14
※にせ坊主さん
気持ちは分かるが「目には目を!」では、ハムラビ聖典になっちまうよ(笑)
Posted by ぐろりん at 2007年09月10日 13:15
※わくわくさん
本当に弁護士もピンキリ。最近では代理出産の推進派のリーダーが遠藤直哉とかキチガイ弁護士ですから。

こいつは、死のリスクを背負う卵子提供や代理出産を容認。それも身内にも枠を広げて「助け合いの精神を!」嫁が旦那の身内に脅迫されるのがオチではないか?と。

で、こいつの言い分としては「精子提供、卵子提供、代理出産等で誰もが子を持てるような社会になれば離婚も無くなる」だとさ。こっちに言わせりゃ「子供が出来ない=離婚だ!」と言う夫婦の方が問題だと思うが。
Posted by ぐろりん at 2007年09月10日 13:20
※ハニーさん
しかも、この犯人に限って言えば反省をしてるかどうかも疑わしいですしね。

死刑を廃止して終身刑の導入を求める声も高いが、この弁護団に限って言えば死刑廃止、最高懲役15年で十分ですからね。反省の色も見られない犯人が15年後に出てくるのか?と思ったら、他の人も落ち着きませんしね。いずれにせよ日本の刑務所ってのはなかなか過ごし易いそうでメシも旨い(笑)だそうです。それを考えると合点が行きませんねぇ・・・だったらワシも人殺して務所でのんびり暮らそうかな?と思いますし・・・

もうね。どうしても死刑廃止したいのなら廃止したらエエんでね?但し、全員カンボジアへ派遣して地雷撤去作業に当たる。カンボジアから一歩も外へ出ない条件で、最低限の食料と水を支給。カンボジアから逃げ出した時点で食料支給停止。
Posted by ぐろりん at 2007年09月10日 13:28
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54293669
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

◆選ばれないオレ
Excerpt: ■山口母子殺害事件 ■子沢山の味方です(Ben Venuti!Ira-tu-q!(ようこそイラツク国へ!)) ヘッドラインを自動収集したら、「山口県光市の母子殺害事件」に関する話題が引っかかった。9..
Weblog: 面白半分 Vol.3
Tracked: 2007-09-23 16:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。