2007年10月18日

何でもかんでも人のせい

近頃の日本は何か事が起きると何でもかんでも人のせいで、自分の非は一切認めない自己中が増えた。。。などと言われますが、先日、エスカレーターで小学生の男の子が手すりから身を乗り出し、首を挟まれ重体になってる事故報道についても同様の印象を受けたのは私だけだろうか?

エスカレーターで頭挟み男児重体 神奈川・平塚
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/91452/


MIXI見てると、大半の意見が

大体、子供を1人で買い物に行かせるだなんて非常識だ。この親はDQN決定だな。

これが3歳の男の子ならば明らかに親の責任です。しかし小学3年生にもなって1人で買い物に行けない子供の方が重症では?
私自身、よく親に買い物頼まれて団地入り口にある小さなスーパーまで出掛けていた記憶がある。小学校4年に上がる時に、この団地から越してるので、多分、私がちょこちょこ買い出しに走ってた時期は、この男の子よりも1年2年幼かったのではないだろうか?アンタは随分と過保護に育てられたものだねぇ・・・会社もママに送迎して貰ってるんでしょうね。きっと。

エスカレーターから身を乗り出す子供がアホ。自業自得。死んで正解。

一説によると、この子はエスカレーターのベルトに小銭を並べて遊んでいて、それで50円玉を落としてしまって慌てて取ろうとしてたらしい。
基本的に男はアフォ(笑)ですから、親の前では叱られる・・・と分かっていてやれない行為を、親のいない時にこそ試したがる悪質な性質を持ち合わせるモノでは?

親の躾が行き届いてないから、こう言う事になる。

人間誰だって何かに気を取られるうちに目の前に迫った危険に気付かない愚かな事をやりませんか?まして9歳の子供となれば、尚更、大人以上に、この辺りで危険意識が欠落し易い。どんなに普段からエスカレーターから身を乗り出したら危険だよ・・・言われていても、何かに気を取られてるうちに、その注意が頭の中からすっぽ抜けてしまう事は誰にだってありうる。




挙句は、
そもそも、こんなくだらない事故が報道される事事態がおかしい。親が逆切れして警察にリークしたからに決まってる。
だなどと言われるとねぇ・・・

首が挟まれば命に関わりますよ。それがくだらない事故で片付けられるものなんでしょうか?事の重大性を解した店側が、こう言う事故がありましたと素直に警察に通報して、義務を果たした結果とは考えられないのだろうか?

世の中とは因果なもので、どんなに様々な事故を想定して、あの手この手で対策練っても、その網の目を掻い潜る様にして事故は発生する。事故を世の中から無くす事は出来ない。だったら、せめて命に関わる様な事態が引き起こされぬ事を祈るだけだ。

今回の事故に関しては、あまりに様々な不運が重なり続けた結果であろう。

・何もあんなタイミングで50円玉を落とさなくても良かった・・
・理由は何であれ身を乗り出した時点で、それに気付き「危ないよ」と引っ込めさせる大人がいなかった・・・
・アクリル板が規定よりも短くて、余計に首を挟み易い長さになってた・・・


などが原因であって、全責任をこの親子に丸投げすりゃそれで良いのだ、万事解決だexclamationと言えるほど、単純な問題でもなかろうに。

日本って、いつから何でもかんでも事件、事故の責任を一部に集中させ、必要以上に過失を問う風習になったのだろうか?こんな事件にまで、はっきりと白黒付けようと躍起になってはいけないのでは?

なんて思う私はきっと母親失格と叩かれるんだろうけど。


posted by ぐろりん at 10:37| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | VELENOSO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の孫たちも悪戯好きで、このような事件を知る度に
わが事のように沈痛な思いがします。子供の成長期は
飛んだり跳ねたり危険を知らないものですが、自らが
痛さ、怖さの学習を重ねないと体験的に分かりません。

もちろん大人が教えるのは当然ですがそれらの過程で
知っていくのでしょう。9歳の頃は生意気盛りです。
大勢の大人のいる場所で誰も注意をしなかったのか、
大人にも他人の子供を叱る勇気と親切が大切と思う。

子供を見る大人の目もかつての連帯感のある時代と
大きく変わりました。子供とは壊れやすくて危険で
脆いものだと世間が自覚しなければなりません。
責任論を問う前に世間一般で子供を見守る必要が
問われている気がしてならないのです。
Posted by 播磨屋 at 2007年10月18日 20:08
どんどん、失敗したり、怪我したりする権利が子供には有るような気がします!

この事件の子供も、
小さい時から、もう少しほったらかして、怪我をいっぱいさせていたら、
危険の本能が育っていて、エスカレータから顔出したら、
なんか、危ないんとちゃうやろか????
という察知が出来たと思う。

親も、覚悟して、子育てしましょう!
たいがいは、何とか育ちますが、
運悪く、死ぬときは、死にます(笑)しや〜なんねん(笑)
ほな!
Posted by にせ坊主 at 2007年10月18日 23:24
私は「どいつもこいつも」と思いました。
確かに昔は幼稚園ぐらいでも近所なら、買い物に一人で行ったし、スーパーのトイレも一人で行きましたよ!
でも、今は変な奴に殺されちゃう時代ですから、一概に年齢は関係ないと。
娘が軽い事故なら、私なら娘を叱ります。
でも、重症なら叱るなんて出来ないし、生き死にに係るなら、他の誰かを責めたくなるかな〜〜〜
おまけにシンドラーやらイトーホームの名前が出て、シンドラーのコメント聞いたら、マスコミはたたきますよ。
まあ、子供と言うのは夢中になると周りが見えないし、他人でも注意できる昔の日本に戻れば、誰かが注意したかも・・・
Posted by ハニー at 2007年10月19日 08:34
※播磨屋様
最近は自分の子さえ良ければ・・・ってな感じで、人の子なんぞ知らん。。。って感じの人多いですからね。勿論すぐ近くに親がいるのであれば遠慮してしまう気持ちも分からないでもないですけど、子供しかいないのであれば、しかも新聞によれば、例え、規定の長さよりも短かったからと言っても、首を挟もうと思えば相当に身を乗り出してないと無理だったそうですからね。即ち遠目から見ても「危ない」と分かる状況であったと思うんですよね。本当に周囲に戒める人がいなかったのか?と。

子供が悪い!親が悪い!で、全責任を当事者に丸投げしてる暇があれば、自分自身、他所の子の面倒も時に見てやれよ。。。と思います。
Posted by ぐろりん at 2007年10月19日 17:50
※にせ坊主さん
ひょっとすると、この男の子も少し大事に育てられ過ぎたのかもしれませんが、ただ最近は、すぐに事故が起こった遊具は即撤去で終わらせる時代ですからね。そう言う甘やかしは結果的に危険意識を育てる暇がなくなるでしょうね。

本来、遊具で同じ様な事故が多発して起こった場合は、対策を練るのが先なんですよね。要は多少の怪我は当たり前。せいぜい命に関わらない程度の怪我で済む様に・・・程度の対策を練る事が大切なのに、「事故が多発=撤去」では成長してる暇もないなぁ・・・
Posted by ぐろりん at 2007年10月19日 17:56
※ハニーさん
確かに今の日本も物騒ですから小学生なら・・・とは言えませんが、しかし、だからと言って「世の中、物騒だから・・・」と常に子供の傍にいて当たり前・・・でも、子供の成長はないですよね?やはり小学生以上ともなれば自分で自分の身の回りの事くらい出来て当たり前な部分はあるでしょう。従って、そう言う点においては、この件の男の子の様に友人同士でスーパーへ出掛けていた・・・だけで、即、異常だ!親はDQNに決まってる!と叩かれなきゃならない程ひどい事とは思えません。そう言う事も時にありレベルなのでは?

後はマスゴミの異常な叩き方ですね。今回、エスカレーターがシンドラー社だった・・・と言っても、別にエスカレーターの整備異常、運行異常で起こった事故ではありませんし、またイーホームズが建設に関わってた・・・と言っても、アクリル板が規定値あれば絶対に事故は起こらなかった!と言い切れるほど単純ではないでしょう。仮に今回の事故は防げても、後日、別の形で命に関わる事故が起こる可能性だってありますから。なので、シンドラーやイーホームズは直接原因ではないでしょうに。

親としては、どうしようもなかった・・・と分かっていても大事な我が子ゆえに、そう簡単に諦め切れず誰かに責任を擦り付けたくなるのが親の本音でしょう。そんな時に、こんな報道の仕方をすれば、誰かしら親に「訴えたら・・・」などと入れ知恵する連中が現れるから、「何でもかんでも人のせい」が起こってしまうんですよ。

Posted by ぐろりん at 2007年10月19日 18:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61229655
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。